トラリピ

【利幅】トラリピで最適な利益幅はいくつ?通貨ペア毎に紹介【2020年版】

今回は、トラリピでの最適な利益幅はいくつなのかが気になったので
算出方法を調べました。

過去のバックテストではなく、テクニカル指数【ATR】を使った方法です。

結果から言うと、2019年1月~2019年12月末まででは下記が、最適な利幅です。

2019年利幅

そもそもテクニカル指数【ATR】とは何か?
どのようにして出したのかを解説します。

テクニカル指数【ATR】とは?

ATRとは、Average True Rangeの略で
真の値幅(TrueRange)の平均(アベレージ)です。
値幅の平均を知る事で、価格変動の大きさを知ることが出来る、テクニカル指数です。

TrueRange(真の値幅)ってなに?(笑)

TRとは

TRとは、チャートの
【当日高値-当日安値】、【当日高値-前日終値】、【当日安値-前日終値】
この3つの中から、一番大きい値です。
日足の場合、TRで一日の変動幅がわかります。

なぜATRで最適な利幅がわかるの?

ATRは、一日あたりの平均的な値動きです。

上記の図から見ると、ドル円は平均して0.55円動いている事になります。

なので、この数値で設定すればチャートの谷底と頂上、それぞれ近い所
約定と決済してくれるんじゃないでしょうか!!(゚∀゚)

ただ、ATRは日々のチャートに影響されるので
今後、変動幅が少なくなってくるとARTの値も小さくなります。
その際は、「あと少し上がれば決済なのに!イライラ」なんて状態になる可能性もありますので
半年や1年のメンテナンスが必要なのかな?と思います。

メンテナンスが必要ならATRの算出方法教えてよ!

TR=【当日高値-当日終値】、【当日高値-前日終値】、【当日安値-前日終値】
上記3つの中で、一番大きい値

ATR=TRの平均値

最近エクセルでの表作成にハマっているので、作りました!(笑)
これを使っていただければ簡単かと思います。

年数に「1~13」
日数に「1~約3400」まで入力すると、2007年4~2019年12月までのATRがわかります。

ちゃんと2019年は258日、2018年は260日、2017年は259日と数えたので
正確な年式で表示されます。

内容は
MAX関数(TR用)
=MAX(当日高値-当日安値,当日高値-前日終値,当日安値-前日終値)
AVERAGE関数(ATR用)
=AVEREGE(TR列)
OFFSET関数(入力した数値でATRを出す為)
=OFFSET(TR一番目,0,0,入力欄,1)
CHOOSE関数(入力した年数を日数に変換して、OFFSETに出力する為)
IF関数(入力なしの場合に、空欄を表示させる為)
=IF(入力欄=””,””,ART)

で構成されています。
エクセルはいろんな関数があって、面白いですね!

今後、マネースクエアのヒストリカルデータ(通貨ペアのチャートデータ)から
新しい日足を追加しても、表示されるように260日ATR枠(過去1年)もあります。

日足データをコピーして
対象通貨に「コピーしたセルの挿入」→「下方向にシフト」
で他の通貨に影響を与えず、追加可能です。

コピーする際に、「終値」右側列を余分にコピーしてください。
ここがTR用になります。
丁度でコピーすると、TRを残して下方向にシフトするのでズレてしまいます。

日足データを利幅シートにコピー後、TRを複数選択して複製すれば完成です!

以上が、使い方と今後の追加方法でした。

一応年末に、当ブログでATRの更新をしようと思います(笑)

ダウンロードはこちら

関連記事

現在運用している、マネースクエアのトラリピについてはこちら↓
【自動売買FX】マネースクエアのトラリピとは?
【口座開設】トラリピで自動売買FXを始める!【解説】
【新規注文】トラリピ注文のやり方!【トラリピを始める】

裁量トレードとは違い、FXの特性(レンジ相場)を利用して
利益を積み重ねるトレード方法です。
リスク管理さえ徹底すれば、睡眠中も仕事中も利益を出してくれます。
又、設定が同じなら、同じように注文&決済を繰り返して利益を拾います。
【自動売買】トラリピの設定と運用実績【マネから入る】

口座開設、取引手数料は全て無料!

ABOUT ME
山羊
山羊
29歳サラリーマン 投資2年生 100万から投資を始めていきます。 毎週の利益を記録したり、固定費やお金にまつわる事を書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です