シミュレーター

【自作】トラリピ 複数通貨運用シミュレーターを作成!信憑性と使い方【最新版Ver1.5.1】

エクセルで、複数通貨運用シミュレーターを作成しました
なぜ作ろうと思ったのか、シミュの信憑性と使い方も合わせて紹介します。

自作
為替
FX
シミュレーター

利益幅複数通貨時の証拠金額ロスカットレートの計算など
様々な情報が検索すれば出てきます。

ですが、本当にその情報を信用していいのでしょうか?

利益幅に関しては、こまめに利益確定して欲しいや
最大利益が欲しいから、最も効率の良い利益幅が良い等、好みがあると思います。
とりあえずは利幅をミスっても退場にはならず
優先順位は高くありませんね!

駄菓子菓子!
維持率低下によるロスカット
暴落を想定していない設定による、退場
想定していたけど、気づいたらロスカットレートが上がっていた!恐怖

これがしっかり出来ていないと、安心して自動売買なんて出来ません。
毎日レートが気になって生活所じゃありませんよ。
ビビりな性格なので、自分で調べて納得したいんです。

最悪の状況に関しては、盲目的に信用するのは良くないと考えています。

なんて言っても、実際どうやって調べたらいいんだろう・・・

マネースクエア
トラリピ
MENU
シミュレーション

お?いいのがあるじゃん!!(゚∀゚)

早速、試してみよう!
レートを変更して、全ポジション持ってから暴落させてみよう!
複数通貨でリスク分散すれば、証拠金額が少なくて済むんだっけ?
7通貨運用時に必要な資金はいくらかな?

マネースクエア
トラリピ
シミュレーション

あれ?レート変更しても
約定しているポジションと、していないポジションがある。
一気に信憑性が薄れてきたぞ・・・

マネースクエアへお問い合わせをして聞いてみると
シミュレーション上では注文がリピートしない仕様との事。
ポジション一覧のレートに関しても、設定レートではなく
現在レートが適用される為、下落時の評価損益はわからない仕様でした。
(2019年5月時点)

なるほど・・・
じゃあ・・・自分で作ればいいか!

こうして、為替(FX)シミュレーターを作成する事に決めました(笑)

シミュレーターの使い方は?

自作
為替
FX
シミュレーター

「複数通貨運用シミュレーション」「単体通貨シミュレーション」があります。

右側の単体通貨シミュでは、同時に11通貨分のシミュレーションが出来ます

  • 修正履歴
    (メキシコペソ追加に伴い、4つ→5つに変更しました。)2019.5/29
    (売りにも対応。シートを二分割しました。買い&売り)2019.6/23
    (GBP/USD追加に伴い、計10に変更。レート一覧更新)2019.11/22
    (1シートで売買両方対応しました。単体で100本のトラップ対応)
    (ポジション一括選択ボタンを追加。指値一覧シミュ追加)2020.2/21
    (全チェックボックス削除、「1」=有効化「 」=無効化)2020.2/26
    (必要証拠金計算に新ルール適用)2020.3/23 
    (対円シミュを追加:6→7、リーマンと最安値ボタンを追加)
    (指値シミュに「トラップ値幅から指定」を追加)
    (レート一覧を2020年3月まで更新、為替シミュ細部修正)2020.4/4
    (細かい不具合修正、レート一覧を2020年7月まで更新、最安値更新)2020.7/9 New

・No1~No4が対ドル通貨
・No5~No11が対円通貨
・ポジションは各最大150本or300本(下は空けているので無限に増やす事が可能)

 (資産が2,000万円級の方もお使い頂けるかと思います)

入力箇所は色が変わっている所です。

1or空白
通貨名(例:USD、EUR、AUD等)
数字(例:100、1.5などレート&100000など資産額)

対ドル通貨シミュレーション方法

  • 「ドル円レート」欄に想定するレートを入力。
    (例:2019年1月のUSD/JPYなら「104.58」を入力など)
  • 「仮想レート」欄に調べたい通貨のレートを入力。
    (例:2019年1月のEUR/USDなら「1.1289」を入力など)
  • 現金残高を入力。
  • ポジションを入力。
    (別シート:指値シミュや、トラリピ注文、建玉一覧から)
  • 運用通貨数を入力。
    (1000=0.1万通貨)
  • 有効にしたいポジション横に「1」を入力して有効化。
    (一括選択ボタンを押すと、自動入力されます)
  • 売買を切り替えたい場合は、「←売」の左側に「1」を入力。
  • リーマンショック&最安値ボタンを押すと、自動入力されます。
    (通貨名を入力している場合に限る)

自動的に、各ポジションの含み損益や維持率やレバレッジ
有効証拠金や必要資金合計が表示されます。

対円通貨シミュレーション方法

  • 「仮想レート」欄に調べたい通貨のレートを入力。
    (例:2019年1月のUSD/JPYなら「104.58」を入力など)
  • 現金残高を入力。
  • ポジションを入力。
    (別シート:指値シミュや、トラリピ注文、建玉一覧から)
  • 運用通貨数を入力。
    (1000=0.1万通貨)
  • 有効にしたいポジション横に「1」を入力して有効化。
    (一括選択ボタンを押すと、自動入力されます)
  • 売買を切り替えたい場合は、「←売」の左側に「1」を入力。
  • リーマンショック&最安値ボタンを押すと、自動入力されます。
    (通貨名を入力している場合に限る)

自動的に、各ポジションの含み損益や維持率やレバレッジ
有効証拠金や必要資金合計が表示されます。

複数通貨運用シミュレーション方法

単体通貨シミュに数値が入っている状態で
左側欄(No1~11の下)に「1」を入力すると有効に出来ます。(
有効化すると下の欄へ自動的に表示されます。

単体で設定している現金残高の合計とは別で、現金残高入力欄を作成しました。(

これにより、複数通貨運用する場合は資金をどれだけ抑えられるか一目でわかります。

単体に資産額を決めていない場合、個別シミュ側に入力しなくても構いません。
複数シミュ側に入力すれば、左側に維持率とレバレッジが表示されます。

ポジションを入力

例えば、加ドル円とNZD米の2通貨運用しているけど
更にユーロ円と豪ドル米を追加した場合、どうなるんだろう?
と考えた時、運用していない通貨のポジションはわからないですよね。

そんな時は「らくトラ試算表」で解決です!

5/26のアップデートで、トラリピ試算表から「指値一覧」は見れなくなりました。
今後は「トラップ値幅」から計算をするか、「トラリピ注文」からの確認です。

トラリピ注文からでも、リスクの試算が出来ますし
トラリピ試算表で出した数値を入力すれば、チャートと一緒に確認出来るので
案外便利です(笑)

トラリピ注文に数値を入力し、「確認」で指値一覧が確認出来ます
「注文実行」を押さなければ、注文される事はありません。
トラリピ注文のやり方!(注文確認)

ですが、わざわざ口座にログインして
トラリピ注文まで行くのが面倒だなーと思い

Excel内で完結できるように、指値一覧表示できるシートを作りました!

試算表で出た上下限本数or値幅を入力するだけで、指値一覧が表示されます。

指値一覧をコピーして、為替シミュのポジション一覧に貼り付ければOK!
注意点は、貼り付ける際「値」で貼り付ける

算数を使用しているのでCtrl+Vで貼り付けると、全て0になります。
手入力するより早くて確実です!何より楽ww

シミュレーターの信憑性は?あってるの?

トラリピの口座状況と照らし合わせて確認してみました。
2019年5月のアップデートで、必要証拠金の計算方法が変わりました。
当シミュレーターは新ルールにも対応済みです。
必要証拠金の新ルール(公式HP)

実測値
理論値

以上が実測値と理論値です。

どうしてもドルストレート通貨で誤差が出てしまいます。
なので、チリ積で上記画像の結果となりました。

自分は、この差だったら実用範囲内かなと考えます。

このシミュレーターで出た数値、ドンピシャで運用するのではなく
更に余裕を持たせて運用するのであれば、十分使えると考えます。

※ご使用にあたって発生した損失は、当ブログ&自分自身、責任を取れませんので
自己責任でお願い致します。

動作環境について

MicrosoftのExcelで作成しているので、Excelアプリ問題なく動作します
Excelオンラインではマクロが使えませんが、他の機能は使用できます

Macは仮想起動できず、Numbersの確認ができませんので
教えてくれると嬉しいです。

フリーソフトのLibreOfficeでも動作確認済です。

Ver1.4からはマクロを使用しているので
マクロを有効化する為、Libreで少し設定する必要があります。

LibreOffice
マクロ設定

まずLibreOfficeを起動したら
上部メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)」を選択

オプション内にある
「LibreOffice」→「セキュリティ」

上から4つ目の「マクロセキュリティ(Y)」を選択

デフォルトは「高」になっています。

マクロを使用する為、「中(M)」に下げます。

セキュリティを「中」に下げても、上記のポップが出てくるだけです。
マクロ動作の可否は自分で選択できるので、安心!

Microsoft Excelでは動作確認済みですが、Macは確認ができません・・・
Excelが入っていない方は、フリーソフトのLibreOfficeを試してみてください。

最後に

自分自身、パソコンを使う職業ではなく、Excel検定も持っていません。
無駄な計算方法や、もっと簡略化できる部分があると思います。

IF関数と算数で出来ているので
使用環境によっては動作が若干重くなる可能性もあります。

自分以外の方にも使ってもらい改善点があれば
出来る限り調べて対処致します。

このシミュレーターでよければ使って頂き
現在運用している設定を再確認したり、トラップ追加時や
通貨を追加する時に活用して頂ければ
暴落における退場のリスクを減らせるのではないかと思います。

何かありましたら、お気軽にお問い合わせコメントください!
コメント頂けるだけで嬉しいです(笑)

ダウンロードはこちら

ご要望により、レバレッジ888倍用を作成致しました↓
(海外FX取引所:XM用)

関連記事

【自動売買FX】マネースクエアのトラリピとは?【リピート系】 マネーゲームではない 資産運用としてのFX FXといえば、自分のイメージは裁量トレードでした。 ですが、マネースクエアが特許を取...

ABOUT ME
yagisan82
yagisan82
28歳サラリーマン 投資2年生 60万から投資を始めていきます。 毎週の利益を記録したり、固定費やお金にまつわる事を書いていきます。

POSTED COMMENT

  1. アバター みーた より:

    山羊さん、初めまして。みーたと申します。FXのバックテストをエクセルでできないかな?と探していたところ、山羊さんのブログにたどり着きました。まさにこれ!というツールに出会えたと思い、ダウンロードさせていただきました。提供ありがとうございます。

    早速バックテストをしてみようと思ったのですが、当方Macを利用していたため、チェックボックスが再現されませんでした(残念)

    もし可能であれば、オリジナル版をいただけないでしょうか?Mac用にチェックボックス部分をアレンジしてみたいと思います!完成できれば、Mac用としてお渡しします。こちらのブログでWindows用とMac用ダウンロードできるようになれば最高かな?と思うのですが、いかがでしょうか?検討よろしくお願いします!

    • アバター 山羊 より:

      みーた様
      初めまして、コメントありがとうございます。
      嬉しいご提案ありがとうございます!
      ぜひ、お願いしたいです。
      オリジナル版を添付してメール致しましたので、ご確認お願いします。

  2. アバター MARI より:

    山羊さま
    はじめまして。
    資金管理表や検証用に自作エクセルで悪戦苦闘している最中に素晴らしきデータにたどり着きました。山羊さまの趣味レーターでレバレッジ888倍にしたい場合や、為替シミュシート内で対ドルと対円を入れ替えたい場合はどうしたらよいでしょうか パスワードロックがかかっていましたのでご連絡さしあげました。

    可能であれば対応版を送付して頂けるとありがたいです

    • アバター 山羊 より:

      MARI様
      初めまして、コメントありがとうございます。
      対応版を添付してメール致しました。
      ご確認の程、宜しくお願い致します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

\トライオートETF用シミュレーター/
ETF版はコチラ
\トライオートETF用シミュ/
ETF版はコチラ