月間報告

【月間報告】株価指数CFD 2月運用実績【2020年】

2020年2月の月間報告を記録します。

  • イギリス100利益は0円、累計利益は+33,446円
    (月末含み損益は-82,894円)
    維持率:225.62%、保有枚数:10枚(30万円)
    注文中0件(0円)
  • 米国VI利益は+8,793円、累計利益は+52,079円
    (月末含み損益は-65,486円)
    維持率:225.62%、保有枚数:7枚(26.6万円)
    注文中:0件(0万円)

合計:確定利益+8,793円(月末含み損益:-148,380円
拘束金:56.6万円 余剰金:2万円

2月の利益は米国VIの差金決済と価格調整によるものです。
新型コロナウイルスの影響で株安となり
イギリス下落、米国VI上昇しています。含み損がスゴイ!

米国VIは現在、購入規制がかかっていますが
イギリス100に関しては、下落している今が始めるチャンスかも!?

GMOクリック証券CFD

2月4週目の実績はこちら

イギリスが7,000を割り、6,600あたりにいます。
ロスカットレートはまだ下ですが、想定がチャイナショックなので
僅かに不安ではあります。

更にGMOクリック証券は、取引余力がマイナスだと新規ポジションが持てません。
資金を追加しても、取引余力をプラスにしないと
拘束証拠金への追加も、安値での購入も出来ないんですね。

そうなると、ポジションが平均額付近に固まっていきそう。

今回の下落で、イギリス100の今後について少し考える事にします。

2月週間実績まとめはこちら↓

2月1週目(1~8)
1月末に上昇していた、米国VIが下がってきたので
4枚決済されました!保有高値の18.89は価格調整用に握っています。

米国VI:4枚決済

2月2週目(9~15)
12日に米国VIの価格調整がありました!
調整前の下げで、2枚決済。
調整後の上げで、2枚持ち直しました。

価格調整は売り保有:+935円

米国VI:2枚決済

2月3週目(16~22)
米国VIが下がるかな?なんて思いましたが、そんな事もなく
17まで上がったので、ポジションを増やしました。

ここからコロナの勢いが増してくるとは・・・

未決済

関連記事

FTSE100種総合株価指数を取引している、くりっく株365とは?
イギリス100を取引しているGMOクリック証券と比較!

なぜイギリスに投資をするのか、リスクはどう考えているのか

紹介しているので、ぜひご覧ください!
【くりっく株365】FTSE100種総合で配当金を狙う!【岡三オンライン証券】
【店頭CFD】GMOクリック証券でイギリス100!年利7%を狙う
【イギリス100】GMOクリック証券の価格調整額を再投資する方法!【複利運用】

イギリスの他に、GMOクリック証券では米国VI(恐怖指数)にも投資しています。
恐怖指数とは何か?紹介していますので、合わせてご覧ください。
GMOクリック証券で米国VI(VIX指数)に投資!【恐怖指数】
【米国VI】暴落を経験して感じた米国VI運用のリスク!

株価指数CFD 運用実績 週間報告

口座開設、取引手数料は全て無料!

ABOUT ME
yagisan82
yagisan82
28歳サラリーマン 投資2年生 60万から投資を始めていきます。 毎週の利益を記録したり、固定費やお金にまつわる事を書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\最短5分で完了!世界中のマーケットへ投資しよう!/
一つの口座で世界中の資産に投資が出来る!
【GMOクリック証券】
口座開設はコチラ
\最短5分で完了!世界へ投資しよう!/
世界中の資産へ投資できる
【GMOクリック証券】
口座開設はコチラ