月間報告

【月間報告】株価指数CFD 9月運用実績【2019年】

2019年9月の月間報告を記録します。

今月のイギリス100利益は+2,470円、累計利益は+26,056円
(月末含み損益は-2,284円
維持率:348.56%、保有枚数:5枚

米国VI利益は+12,292円、累計利益は+6,949円
(月末含み損益は+1,655円
維持率:348.56%、保有枚数:7枚

合計:確定利益+14,762円(月末含み損益:-629円

今月は、イギリス100と米国VI共に価格調整月でした。

米国VIは売り保有でプラスの価格調整だった為、プラ転しました!
先月のマイナスを補う程のプラスです。

9月最終週の実績はこちらです。

イギリスは1枚当たり494円の価格調整がありました。
価格も上昇し、含み損も減っています!

米国VIは1枚当たり1,756円の価格調整があり
先月のマイナスを補いました。
そのまま減価していったので、含み益になっています!
9月末現在、コンタンゴ状態なので10月9日にある価格調整も
売り保有でプラスになるんじゃないかと思います。
指値を外して、このまま保有するのもあり!
米国VIは毎月、価格調整があるのも良いですね。

建玉一覧

9月週間実績まとめはこちら↓

9月1週目(1~7)
恐怖が収まり始め、米国VIの値が下がってきました。
【恐怖がいつまでも続かない】
米国VIがコンタンゴ状態だったので、決済指値を外して
価格調整に備えました。

9月2週目(8~14)
米国VIの価格調整がありました。
1枚当たり、1,756円
先月の-1,016円を補う程のプラスでした!

9月3週目(15~21)
イギリス100の価格調整がありました。
1枚当たり、494円
過去データを見ると、9月が一番少ない傾向にあります。
でも年4回しかない、イギリス100の価格調整
とても重要な1回です。

9月4週目(22~28)
米国VIで決済指値を入れている、16にタッチしそうでしませんでした。
10月9日に価格調整があるので、それまで保有するのもありだと思っています。
このままコンタンゴ状態を維持してくれるの祈るばかり。

関連記事

FTSE100種総合株価指数を取引している、くりっく株365とは?
イギリス100を取引しているGMOクリック証券と比較!

なぜイギリスに投資をするのか、リスクはどう考えているのか

紹介しているので、ぜひご覧ください!
【くりっく株365】FTSE100種総合で配当金を狙う!【岡三オンライン証券】
【店頭CFD】GMOクリック証券でイギリス100!年利7%を狙う
【イギリス100】GMOクリック証券の価格調整額を再投資する方法!【複利運用】

イギリスの他に、GMOクリック証券では米国VI(恐怖指数)にも投資しています。
恐怖指数とは何か?紹介していますので、合わせてご覧ください。
GMOクリック証券で米国VI(VIX指数)に投資!【恐怖指数】
【米国VI】暴落を経験して感じた米国VI運用のリスク!

株価指数CFD 運用実績 週間報告

口座開設、取引手数料は全て無料!

ABOUT ME
yagisan82
yagisan82
28歳サラリーマン 投資2年生 60万から投資を始めていきます。 毎週の利益を記録したり、固定費やお金にまつわる事を書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

\最短5分で完了!世界中のマーケットへ投資しよう!/
一つの口座で世界中の資産に投資が出来る!
【GMOクリック証券】
口座を開設する
\最短5分で完了!世界へ投資しよう!/
世界中の資産へ投資できる
【GMOクリック証券】
口座を開設する